Nyonta's Sweets Recipe〜クッキー〜


***  マカロンパリジャン  ***
2013.5.17作成


<材料> ■直径2.5cm約40個分(80枚)■

◆マカロン◆
  • 卵白  50g
  • グラニュー糖  40g
  • 粉糖  60g
  • アーモンドプードル  50g
  • ココア  8g

  • *焼成時間* 180℃ 3分→150℃ 10分

    ◆ガナッシュ◆
  • チョコレート  50g
  • 生クリーム  50g




  • スポンサーリンク




    * 作り方 *



           
    ■下準備■
    卵白はあらかじめ冷凍しておいた物を使う。 前日に冷蔵庫にうつしておいて下さい。
      1.
    ボールに卵白を入れ、グラニュー糖を少しづつ加えながらしっかり固いメレンゲを作る。
      2.
    合わせてふるった粉糖とアーモンドプードルを加えさっくり混ぜる。(ココアを入れる場合は一緒にふるって 加える)
      3.
    カードに持ち替え、ボールのフチに生地を押し付けるようにして生地を殺す。(マカロナージュ)
           
    4.
    少しツヤが出てトロリと落ちる位になったら生地の完成。
      5.
    口金は大きめのを使った方が割れにくい。作るマカロンの大きさによって変えて下さい。
      6.
    オーブンシートを敷いた天板に絞っていく。1シート絞ったら天板の底を叩いて平らにし、中の空気を抜く。
      7.
    生地は一度に全て絞りきる。全部絞ったら表面が乾くまでそのまま放置。 表面を指で触っても何もつかないくらい。
           
    8.
    表面がしっかり乾いたら焼成。180℃でピエがしっかり出るまで焼き(大体3分位です)、オーブンの扉を開け 中の蒸気を外に逃がす。 設定温度を150℃に下げ10分焼く。
      9.
    ココアが入ると失敗しづらいです。初めての方はココア入りの方をチャレンジしてみましょう。
      10.
    生クリームをレンジで温め、溶かしたチョコと混ぜてガナッシュを作る。 絞れる程度まで冷えたら口金をつけた絞り袋に入れる。
      11.
    マカロンに絞り、サンドする。冷蔵庫で冷やす。
           
    12.
    出来上がり。冷蔵庫で1日以上置いて、マカロン生地とガナッシュが馴染んでから頂いた方が 美味しいです。
     
     
     



    Point&Memo

  • 卵白は冷凍してサラサラした物を使うと失敗しづらい。
  • 湿度によって乾燥時間はかなり左右されます。夏は乾燥しづらく1時間経っても焼けないことも。 逆に冬は30分で焼ける事もあります。 家庭では冬に作った方が失敗しづらいかもしれません。
  • 焼き時間はあくまで目安。マカロンは本当にデリケートなお菓子なので、各家庭のオーブンによって 温度も焼き時間も変わると思います。何度も作ってオーブンのクセをつかんでみて下さい。
  • コツはピエがしっかり出るまでは高温で焼く事。焼き上がりの目安は焼きたてマカロンを触ってみて、 かろうじてオーブンシートから外れるくらい。ペロンとすぐに外れてしまったら焼き過ぎ。 シートにくっついて剥がれなければ生焼けです。


  • 一言メモ
    家庭で作るお菓子の中でも、最も難しい部類に入るマカロン。見た目も可愛くて大好きな人も多いはず。 オーブンのクセさえつかめば美味しいマカロンが作れます。何度作っても失敗するときは失敗します。 私もいまだにひび割れた物や空洞マカロンを作る事があります。 でも何度失敗してもまた作りたくなるのです。難しい物ほど何度も作って美味しく仕上げたい。 そのくらい魅力的なお菓子です。

    お菓子材料や道具類は cottaさん・富澤商店さん・馬嶋屋菓子道具店さん・ 浅井商店さん などで購入しています。




    スポンサーリンク



    Sweets Recipeへ戻る

    TOPへ戻る